どうしてもお金がなくて絶望している人へ伝えたいことがある。

私はお金がないことで幸せを感じられないことがありました。

もともとポジティブな性格だったのに、お金がないことで性格もネガティブになりました。

お金がなくて惨めな気持ちになるたび、いつもこんな考えが浮かんできます。

やっぱりこの世界はお金がないと幸せになれない・・・。

こうやって自分を軽蔑したところで、もっと自分の身体はお金に支配されていきます。

なぜなら、お金がないことを否定するのは自分自身を否定するのと同じだからです。

 

お金の価値を過大評価していないか?

「お金は大切にするべき」という考え方は、自然と身についていきます。普通の家庭なら、お金を無駄にしないように幼少期からしつけられるものです。

だけどお金が大切だと思っている人ほど、お金がないときは自分に価値がないように感じてしまうのです。

あなたはお金の価値を適正に計れているでしょうか?お金がなくてつらいと感じているなら、お金のことを過大評価しすぎているかもしれません。

 

私がお金にコントロールされていた理由

お金に執着しているのは自分の経験によるものが大きいです。自分の人生を振り返ってみて、この3つが私の悪循環を生んだ原因でした。

  • 高い学費をかけて学校に行ったから社会人になって親孝行したかった。
  • 営業職について「稼ぐのが正義」と教えられてきた。
  • ギャンブルをすることでよりお金に執着するようになった。

社会人になったときがお金で失敗するスタート地点でした。

お金を稼いで親孝行をしたくて、社会人になって営業職で頑張りました。営業成績もそれなりに上がって、順調な社会人生活を送っていたんです。

だけど、仕事を頑張りすぎたらストレスがたまることもあります。そのストレス発散方法としてギャンブルをやったのが最初の間違いです。

「勝つことが正義」という考えを持っている人間にとってお金が増えることだけが正義です。勝つことを求めてギャンブルを続けた結果、負けが続いてしまったら自分を肯定できるものはなくなります。

あなたは勝者になることだけが正義だと思っていませんか?お金を持つことだけが勝者だと考えていませんか?

勝者がいることで不幸になるシステムにいる

お金持ち豪華な生活や自慢話を見て、あなたはハッピーな気持ちになれますか?

ほとんどの人は幸せどころか、不幸を感じてしまうでしょう。それには理由があります。

私たちは子どもから大人まで競争させられて、何度も自分が望んでいないレースに立たされました。

勉強やスポーツ、出世争いなど得意・不得意に関係なく「勝者になることが正義」と教育されて、順位づけされて自分の価値を図られました。

相手が弱いほど勝者になれるし、相手が強いほど敗者になります。言い換えれば、これは「誰かの勝利が自分の不幸になるシステム」です。

私たちは生まれながらにこのシステムを受け入れているから、誰かの幸せを見ることで不幸を感じてしまうんです。つまり「勝つことが正義」という考え方は不幸を感じる原因になります。

お金がないことを不幸と思うのは自分の考え方に原因がある

お金がないことを不幸と思うのは、自分の考え方に原因があります。お金がなくて辛いと感じてしまっているなら、それは他の誰かと比べているのが原因かもしれません。これからお金持ちになりたいと思うなら、負の感情もコントロールして冷静に自分の考え方をみつめなおしてみましょう。

  • お金がないことを否定するのは自分を否定するのと同じ。
  • お金のことを過大評価しすぎている可能性がある。
  • 「勝つことが正義」という考え方は不幸を感じる原因となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です