クラウドソーシング(類似サービス含む)まとめ一覧表【副業・内職】

よ~すけ

クラウドソーシングは、私が副業を始めたきっかけです。
クラウドソーシングとは?
クラウドソーシングを簡単に言えば、パソコンで色んな仕事ができるサービス。簡単な内職のような仕事から、技術が必要となる高額案件まで使い方はさまざまです。

クラウドソーシング(類似サービス含む)一覧表

現在のクラウドソーシングを(類似サービスを含めて)一覧表にまとめてみました。

クラウドソーシング一覧

サービス名運営会社名会社の資本金
クラウドワークス(株)クラウドワークス26億円
ランサーズランサーズ(株)14億円
アスクビーラーニングギフト(株)1億円
ココナラ(株)ココナラ9000万円
クラウディア(株)エムフロ5000万円
Bizseek(株)アイランド
スキルクラウド(株)ヒューマン・コネクト

初心者なら、おすすめはクラウドワークスとランサーズ。ユーザーの規模が大きいので、色んな仕事を探せます。ただしデメリットもあり、それは最初は作業単価が安い仕事が多いこと。最初は報酬が安くても、色んな仕事をやってみた方がいいです。そこで実績を積んだら、単価の高い仕事を受注できるようになってきます。

クラウドソーシングの特徴は?

クラウドソーシングには、こういった特徴があります。これらを踏まえて考えると、今の時代に合った働き方ができるサービスとも言えるでしょう。

  • 家にいながら仕事ができる
  • 空いた時間に仕事ができる
  • コロナ過のリスクを減らして仕事ができる
  • 独立してフリーランスを目指せる
  • 登録したその日から仕事で稼げる
  • 基本的に報酬の受け取りが早い
  • 必要なものはパソコンのみ(仕事次第ではスマホのみ)
  • 専業主婦が家事の合間に稼げる
  • サラリーマンが副業できる

クラウドソーシングは、スキマ時間に仕事ができるので、サラリーマンの副業として、もしくは主婦が空いた時間にお金を稼ぐのに適したサービスだと思います。

副業としては定番のクラウドソーシングですが、独立してフリーランスとなる人もいます。ただし、クラウドソーシングの仕事だけで独立しようと思ったら、収入はクライアント次第となります。毎月お給料をもらえるサラリーマンと比べると、安定感は微妙だと思います。クラウドソーシングをメインの仕事としている人も、独立するなら他の収入源も考えるべきかもしれません。

また、クラウドソーシングでは、直接クライアントとやり取りして仕事をこなし、クライアントから評価を受けます。自分の評価や実績が増えると、依頼や報酬も増えるので、クラウドソーシングでは評価が命だと覚えておきましょう。

クラウドソーシングでできる仕事

クラウドソーシングでは、こういった仕事ができます。

  • 簡単な体験談を書く
  • 1000文字~文章を作成する
  • 日本語を英語に翻訳する
  • 動画編集をする
  • 指定されたデータをエクセルにまとめる
  • 依頼されたイラストを描く
  • ロゴデザインを考える
  • 文章を朗読して録音する

クラウドソーシングでできる仕事のごく一部を紹介しましたが、もっと色んな種類の仕事ができます。自分の得意分野から探してもいいですし、これからスキルアップしたい仕事もできます。

クラウドソーシングの選び方

クラウドソーシングを選ぶとき「どういった仕事ができるのか?」が大切になります。各サイトのホームページから仕事の種類を確認できますので、やりたい仕事ができそうなサービスから使ってみるのがおすすめです。

自由度が高いサービス
自由度が高いのはココナラです。たくさんの人が色んなサービスを出品していますので、仕事選びの参考になります。

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングには様々なメリットがあります。他の副業と比較しながら、クラウドソーシングについてまとめてみました。

自由な時間に自宅で仕事ができる

自宅で仕事ができることが在宅ワークの最大のメリットです。アルバイトなどを副業にすると、決まった時間に仕事に行かなければいけません。友達から遊びの誘いがあっても、合コンの誘いがあっても、仕事を断ってプライベートを優先することはできないでしょう。そもそも、仕事をしている人なら、アルバイトなどで副業をすると、自由な時間がほとんどなくなっちゃいます。

体力に自信があれば良いのですが、自分の体力次第ではしんどい状態で仕事を続けなければいけません。その点、クラウドソーシングなら好きな時間に仕事ができるので、自分の状態に合わせて仕事を進めることができます。好きな時間に仕事ができることは、クラウドソーシングをはじめとした、在宅ワークの大きな魅力だと思います。

通勤する時間がないので時間を節約できる

仕事が自宅でできれば、仕事場に行くまでの無駄な時間を削ることができます。例えばアルバイトをするには、仕事場まで家から移動しなければいけません。通勤で15分かかる職場なら、往復で30分かかります。通勤時間はお金を稼いでいるわけじゃないので、無駄な時間に感じる人もいるでしょう。

その点、クラウドソーシングなら自宅で仕事ができるので、通勤する時間がありません。自分の都合でいつでも仕事を始められるので、忙しい現代社会において適した副業だと言えると思います。

知り合いに会う心配がない

副業を禁止している会社も多いので、堂々とアルバイトができない人もいるでしょう。だけど、アルバイトは接客業も多いので、仕事中に誰かと会う可能性は高いです。都会ならまだしも、田舎であればあるほど、知り合いに会う可能性が高くなります。人付き合いが煩わしかったり、働いている姿を見られたくない人は、お金が必要だとしても、こういった理由でアルバイトをしたくないと思っているでしょう。

その点、クラウドソーシングなら、自宅で仕事ができるのでこういった心配ごとはありません。かくいう私も、人に見られたくないという気持ちから、パソコンでできる仕事としてクラウドソーシングを始めた経緯があります。おかげで、パソコンだけで毎月の副収入を稼げるようになったので、ネットで稼ぐ経験を積むことは、これからの時代かなり大事だと思います。

ネットで稼ぐスキルが上がる

正直アルバイトをしていても、その仕事を辞めてしまえば他に役立つスキルなどはあまり身に付きません。

だけど、クラウドソーシングの仕事をこなしていると、どんどんスキルが身についてきます。パソコンに詳しくなったり、ネットで稼ぐ仕組みについて考えたり、自分がクライアントになって仕事を依頼する側になったり、知れば知るほどやりたいことが増えてきます。

一番わかりやすいのがタイピングスキルですが、私もパソコンで文字を打つのが大の苦手でした。そもそも、数年前までパソコンに触ったことすらほとんどないような状態でしたからね。だけど、今では手元を見ることなく、軽快にブラインドタッチができるようになりました。数をこなせば、人間ある程度のスキルが勝手に身についてくるものです。

それと、私の場合だと文章力がかなりアップしました。ライターとして文章を作成する仕事をしてから、読みやすい文章についてよく考えたからだと思います。昔は難しい言葉を羅列したり、文字数を稼ぐために、無駄な引き伸ばしの文章ばかり書いていました。だけど、誰かに読んでもらう文章を書くとき、あえて簡単で短く、読みやすい文章のほうが良いので、そのあたりも少しずつ改善できたかなと思います。

文章力がつくと、パソコン上だけでなく、対面で話すときも会話が上手くなったり、仕事でもスラスラ説明できたり、クラウドソーシングだけでなく役立つ場面はいろいろありました。

私が副業で使っていた3つのサービス

僕は「クラウドソーシングで副業をやって良かった」と思っています。

転職して少しは収入が増えたのですが、決して満足いく収入ではありませんでした。そこで、僕はクラウドソーシングで副業を始めることにしたのです。

副業というと、アルバイトを掛け持ちするなど「Wワーク」を思い浮かべる人もいるでしょう。私も生活費を稼ぐためにアルバイトをしていたのですが、2つ仕事をするのは体力的にムリがあると思い、長くは続きませんでした。そこで、自宅で仕事ができることを探し、クラウドソーシングにたどり着いたのです。パソコンで作業ができるので「自宅でお金を稼ぐ習慣」をつくることにもつながりました。

私が使っていたサービスはこの3つだけで、具体的には「文章を書く」とか「翻訳する」などの仕事を始めました。誰でも利用できるこれらのサービスを使えば、自宅にいながらお金を稼ぐことができます。

クラウドソーシング初心者のおすすめはライティング

私がクラウドソーシングを始めて、最初にやった仕事がライティングでした。ライティングは文章を考える仕事で、主にブロガーさんのブログ記事などに使われます。仕事を始めてから、文字を書いて仕事するのはすっごく便利だと気づきました。

だって誰でもできるし、時間や場所にとらわれません。しかもパソコンで文字を書くので、字が汚くても問題ありません(笑)

ライターとして稼ぐには文字単価にこだわる

文章を作成するライターの仕事で稼ぐには「1文字=1円」くらいは欲しいところです。これなら、1000文字書いて1000円がもらえるので、慣れてくるとけっこう簡単に稼げちゃいます。しかし、文章力がわからない相手に良い条件をつけるクライアントは少ないです。

最初のうちは「1文字=0.3円」くらいの金額で仕事を請負うこともしばしばです。だけど、実績を積んでいけば必ず良いクライアントとめぐりあい、単価の高い仕事ができるようになってきます。ライターとしての評価が増えてきたら、自ずと依頼が増えてきて、その中から仕事を選べるようになります。

文字単価を叩くクライアントとは付き合わない

クラウドソーシングで仕事を依頼してくる人をクライアントと呼びます。クラウドソーシングに登録すると、仕事を受けることもできるし、クライアントとして誰かに仕事を依頼することもできるようになります。

ライティングの仕事はクライアント次第で稼げる金額が決まると言ってもいいでしょう。クラウドソーシングを使っていると、かなりケチなクライアントと出会うこともあり、それは文字単価に現れます。

私も今はクライアントとして仕事を依頼する側なのでわかるのですが、お金を稼いでいるクライアントほど、自分のスキルに適性な金額で仕事料を決めてくれます。

稼いでいないクライアントは安く値切ろうとします。しかも値切ったあげく注文が多く、単語はどれだけ入れて欲しい、段落や口コミなども欲しい、あげくの果て書き直してほしいと言われることも。だけど、安く値切るほど良い文章が納品されることはありません。

そんなブラックなクライアントと付き合っても、良いことないと思った方が良いです。もし衝突しようものなら、悪い評価をつけられて、今後の仕事に影響を及ぼすかもしれません。クラウドソーシングでライターの仕事をしようと思ったら評価が命です。それを安く値切ったクライアントに下げられるなんて、そんな状況は避けるべきです。ケチなクライアントと付き合うことに百害あって一利なし。

クラウドソーシングで良いクライアントの見分け方

粗悪なクライアントに絶望している人は「ライターで稼げない」と思ってしまうかもしれません。ですが心配いりません、良いクライアントが必ずいます。良いクライアントは、お試しで最初の依頼をしてくる時点で文字単価がそこそこ高いです。1回目の依頼でライターの文章力を見抜き、依頼を続けたいライターならその後も定期的に仕事を依頼してくれるでしょう。

そんなクライアントと出会ったら、精一杯ライターとしての仕事を頑張って固定で依頼を受けられるようにしましょう。もちろん良い文章を書かなければいけませんので、特に1回目は精一杯の文章を納品するようにします。最初が肝心なので、高単価で依頼してくれた人は、少し時間をかけて見直しながら文章を書きましょう。

副業に関する注意点

これから副業を始めたいと思っている人に、注意して欲しいことがあります。それは、正しくない副業の情報も紛れ込んでいるってことです。例えば、こういったたぐいの広告や記事をみかけることがあるでしょう。

「スマホで一日10分作業するだけで月に数十万円稼げます」

まさかこの言葉を信じてないですよね?副業でお金を稼ごうと思ったら、それなりに努力するのは当たり前。だけど、誰でも簡単にお金を稼げるような、甘すぎる副業はそもそも疑うべきです。あるとしたら詐欺、もしくはそれに近いものだと思った方がいいでしょう。こういったサイトはメルマガやLINEの友達に追加させることが多いのですが、どうせカモられるだけなので鵜吞みにしない方がいいですよ。

クラウドソーシングまとめ

余談ですが、私が人生で初めてやった副業がクラウドソーシングでした。最初は初心者なので、割と簡単な仕事から始めました。ただし、その分もらえる報酬も少ないので、稼ぐために工夫が必要でした。

最初は1サイトしか使っていなかったのですが、2~3サイトを使ってみました。サイトごとに募集している仕事が違うため、実績がなくても良い仕事とめぐり合えることがあります。また、プロフィールも複数サイトに合った方が、色んな人から依頼がもらえます。クラウドソーシングの仕事に慣れてきたら、徐々に仕事の単価を上げて効率の良い稼ぎ方を探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です