パチンコで20万円負ける時の流れを記録していたので紹介します

手元に20万円あって、それがどのようになくなったか。

それを経験談を元に書いてみます。

 

私がパチンコで20万円を溶かしたとき、打っていたのは「ミドルスペック」と呼ばれる、319分の1の確率で大当たりを抽選する台です。

 

計算上は、1000円で20回転回る台で、平均16000円に1回大当たりが来ます。

そこから、連チャンを重ねれば勝てるし、ハマれば負けが膨らみます。

 

20万円負けの流れ

私が20万円を溶かしたときの流れを記録していたので、それを書いていきます。

 

①1500回転ハマり➡単 -73000

②100回転➡2連 -4000

③700回転➡単 -31000

④250回転➡10連 +60000

⑤300回転➡単 -15000

⑥430回転➡単 -20000

⑦360回転➡5連 +1000

⑧1回転➡17連 +48500

⑨1300回転➡単 -65000

⑩300回転➡3連 -3000

⑪400回転➡11連 +18000

⑫1000回転➡3連 -50000

⑬80回転➡単 -4000

⑭120回転➡単 -6000

⑮500回転➡単 -23000

 

単発確率は50%オーバー。そもそも、大当たり確率や確変突入率も低く、7000回転ほど回しても、確率はまったく収束する気がなさそうです。

そもそも、1000回転以上のハマりがこんな頻繁に起こったら、軍資金が少ない人なら即死している気がします。

もちろん、台選びは適当ではありません。

ボーダーラインを上回る立ち回りを基本的には行っています。

それでも、ミドルスペックを立ち回るとこんな事態になってしまうことがあるんです。

 

最悪の事態を想定しているか?

ところで、あなたはこういった最悪の事態を想定していますか?

手元に10万円あったら「これだけあれば勝てる」と思っていませんか?

パチンコはスランプと付き合えるかが重要です。

良いことばかりを思い描いてホールへ繰り出すと、思わぬしっぺ返しが待っているかもしれません。

 

結論パチンコはおすすめしない

パチンコで勝てるのはニートです。

パチプロと言えばカッコよく聞こえるかもしれませんが、税金を納めず仕事をしていないニートに有利なのがパチンコです。

パチンコで勝つには、ニートになるのが近道です。

 

サラリーマンが勝つのは、相当な優良店でもない限り難しいと思います。

せっかく良台に巡り合えても、閉店まで2~3時間の稼働が限度。

時間があるものには敵いません。

パチンコは遊び、熱くなり過ぎたらいつの間にか20万円を失っているかもしれませんよ。