治験バイトの報酬はいくら?迷っていたらやめるべき?

薬の臨床検査を受ける代わりに、報酬をもらえるのが治験バイト。

お金が欲しい人は自ら被験者となって、薬の効果を試します。そんな治験バイトには、こういった特徴があります。

  • 薬を服用することで報酬がもらえる
  • 報酬が高めに設定されている
  • 健康体なことが被験者になる条件

治験バイトは「被験者になる」というリスクがあります。しかし、一般人が労働以外でお金を稼げる、数少ない手段です。最近の治験は「喘息」「うつ病」「認知症」など、受けたい治験を選ぶことができます。

治験バイトの収入はいくら?

治験バイトは一般的には1回あたり1万円程度が相場です。宿泊のある治験ならもっと高いんですが、ほとんどの治験は通院となります。破格の報酬ではありませんが、日雇いで1日アルバイトするよりも高いくらいです。なので、治験を割のいいバイトと割り切っている人もいます。

 

治験バイトの目的

そもそも、治験バイトの目的って何でしょう?その答えは「効果や副作用を実証するために新薬を試すこと」です。

  1. 製薬会社が薬を開発する
  2. 治験をして効果と安全性を検証する
  3. 正式に薬と認可される

 

製薬会社は、正式に薬とするための臨床試験が必要なので、治験で被験者に投薬して検証します。もちろん、開発段階では市販の薬ではないので、副作用などに注意が必要だと思いますので、健康状態に自信がない人は避けた方が無難かもしれません。

治験バイトまとめ

治験バイトは、個人的にはあまりおすすめしません。被験者である以上、絶対的な安心を治験に求めることはできません。

安全性や健康面を考えると、お金に余裕があるときは治験バイトはやらなくていいものです。だけど、お金が欲しい事情があったり、生活が苦しくてストレスを感じている、そんな立場だったら、治験バイトも悪いものではありません。

なぜなら、治験は将来誰かの役に立つ薬を作るためのもの。「ボランティア」という気持ちでやるなら、自分自身も納得できます。治験バイトに参加するかどうかは自己判断で行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です