10年後に後悔しても遅いお金の失敗と原因【人生に必要ない経験です】

若いときは経験不足で、色々な失敗をしてしまうもの。失敗は人生経験になり、社会勉強として、自分を成長させる糧になります。

だけど「失敗ではすまされない」絶対にやってはいけないこともあります。特にお金は間違うと、人生が狂うほどの過ちになり得るのです。

お金の過ちを犯さないためにも、お金で失敗する原因は知っておきましょう。

お金で失敗する原因

最初に言っておくと、お金で失敗すると人生がとっても辛くなります。お金がないつらさは、失恋がつらいとか、そんなレベルじゃないです。

お金で失敗する原因はこんな感じです。

  • 消費者金融からの借金
  • クレジットカードで散財
  • パチンコやスロット
  • 競馬や競艇、競輪など
  • 恋人や夜のお店に貢ぐ
  • ブランド品や高級車をローンで買う
お金を粗末に扱うと、お金に嫌われます。反対にお金を大切に扱うと、お金に好かれます。

散財するのではなく、お金に好かれるようなお金の使い方を心掛けたいものですね。

 

1つハマるとセットになるから恐ろしい

お金の失敗を1つしてしまうと、セットで別の失敗へ繋がることが多いです。パチンコを例に挙げてみます。

パチンコで勝った日の行動

  • 欲しいかった物を買う
  • 欲しい物がなくても無駄に買う
  • 夜のお店で散財する
  • 居酒屋で友達におごる
  • 競馬や競輪など別のギャンブルに使う
  • 次のパチンコの軍資金にする

 

パチンコに勝った日はこんな行動になりがち。欲しいものがあろうがなかろうが、お金が増えた優越感から、無駄に散財しがちです。

だけど、パチンコで勝ち続けるのは難しいので、そんな日常はすぐに終焉を迎えます。

消費者金融でお金を借りたり、親や友達にお金を借りたり、たいていの人はパチンコを続ける限り、お金は減り続けるでしょう。借金は全然減らないのは目に見えています。そして、こんな感じでどんどんお金がなくなります。もはや、蟻地獄にハマった蟻そのものです。

人生には必要ない経験がある

はっきり言えば、人生経験には積まなくて良いものがあります。特にお金の失敗は百害あって一利なし。

悪い経験となっても、自分の財産となることはありません。

「あの時あんな失敗をしたから、今の自分がある」そう思える経験ならいいんですが、お金の失敗はそもそも起き上がれなくなる危険性が高いです。

お金の失敗は尾を引く
お金で失敗して何年も立ち直れない経済状況になったら、その経験は悪そのものです。やらなくて良い経験は避けて通るべき。

お金の失敗を解決する

ここまでお金の失敗について書いたんですが「今がまさにその状況」であれば、まずはその解決策を探しましょう。

何よりも、衣食住を確保することが先決です。今を安心して生きられる、その状況まで立て直してから、次のステップ(お金を稼ぐ、副収入を作る)などに進みましょう。

 

ただ、どんなに貧困の渦中にいたとしても、一つだけ言いたいのは「お金がなくても絶望する必要はない」ってこと。百万円程度の借金なら、絶対に取り返しはつきます。

本当に困っているなら、個人を守ってくれる社会保障制度に頼ったっていいと思います。どんな状況でも、良くできるのは自分次第です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です