自作マンガを電子書籍で販売して稼ぐ方法【手数料が高いサービスもわかります】

自作マンガを描いて、雑誌へ応募して、それから連載して、単行本を出すのは、言うまでもなく狭き門です。

だけど、インターネットが普及したこの時代、マンガで稼ぐためのルートはこれだけではありません。誰もがマンガで稼げる時代、マンガを描いているすべての人にお金を稼ぐチャンスがあります。

この記事は、こんな人におすすめの内容となっています。

  • 現在マンガを描いている
  • 漫画家を目指している
  • マンガが面白い自信がある
  • マンガの腕を試したい
  • 自作マンガが落選し続けている

自作マンガを電子書籍で販売できるサービス

それでは、自作マンガを電子書籍で販売できるサービスを紹介します。

 

電子書籍で販売できるサービス

  • Kindle
  • ブックウォーカー
  • DLsite
  • PixivBooth

 

この中で、もっとも売れやすいのは「Kindle」で、圧倒的に電子書籍の利用者が多いです。

 

電子書籍の実収入と手数料

名前作者の収入手数料等
Kindle専売70%30%
Kindle併売35%65%
ブックウォーカー50%50%
DLsite50%50%
PixivBooth96.4%4.6%

 

Kindleは、専売と併売で収入がかなり違います。
また、PixivBoothは96.4%が作者の収入となるのが魅力的ですね。

 

電子書籍の一括登録サービス

1つ1つに登録しなくても、一括で色々な電子書籍から販売できるサービスがあります。

色んな電子書籍で販売したい人にはおすすめです。

 

  • マンガハックPerry
  • 電書バト

 

電子書籍のメリット

電子書籍で稼ぐと、こんなメリットがあります。

  • 単行本出版などのコストがかからない
  • 在庫切れの心配がない
  • 24時間365日販売できる
  • マンガが購入されるたび長きにわたり収入が入る

 

電子書籍で販売すると、購入者が出るたびに収入がもらえます。

作品は半永久的に存在するので、今は人気が出なくても、何かをきっかけにバズる可能性もあります。

ファンが増えると作者名で検索されることもあるので、複数の作品を持っている人は名前を統一しておきましょう。

 

自作マンガを電子書籍で稼ぐ方法まとめ

電子書籍なら、マンガで稼いだことがない素人でも漫画を販売できます。

言い換えれば、素人とプロの境界線がなくなってきたってこと。プロと同じ土俵でマンガを販売できるって、わくわくすることでもあります。

 

それと、漫画は読者がいて初めて成り立つものです。

電子書籍でマンガが購入されると、作品への評価がつきます。面白いマンガを描いているつもりでも、予想外の悪い評価もあるでしょう。

人から評価されることは、モチベーションアップしたり、次回作への反省点にもなるはずです。

 

電子書籍で稼ぐメリットは「自動で購入される度に収入が入る」こと。

たとえ少ない収入でも、長きに渡って売れる可能性があります。

 

過去に書いた作品、封印していた作品なども、復活させてみると意外な需要があるかもしれません。

また、SNSも作ってフォロワーを増やすことも大切。

人気作品の作者になれば、イラストやデザインのお仕事や、取材されること考えられます。

やっぱりマンガには夢がありますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です