元パチンコ依存症が「1パチを打つべきか?」という問題に答えます

パチンコが好きな人にとって、人生とパチンコを切り離すのは難しいことです。何を隠そう、私も10年以上パチンコ依存症だったので、休みの日やストレス解消にパチンコで遊んできました。

だけどパチンコを打ちたいけど、お金が足りなくなることがあります。そんなとき1パチを打つという選択肢が見えてきますが、それは正しい選択なのでしょうか?

「パチンコ依存症は1パチを打つべきか?」について深堀りしてみます。

パチンコ依存症が1パチを打つメリット・デメリットは何?

1パチを打つメリット

  • 純粋に遊び感覚でパチンコが打てる
  • 軍資金の損失リスクが減る
  • 持ち玉が減ったときのストレスが軽減する

1パチを打つ最大のメリットは「お金が減るスピードを確実に減らせる」ことです。

大当たりを引けなかったとき、損失のリスクも4分の1で済みます。

よ~すけ

私は「パチンコの生涯収支がマイナス」であれば「4パチを打つくらいなら1パチを打て」と断言できます。「どうせ負けの繰り返しなら少ない方がいい」そんな単純な理由ですね。

 

1パチを打つデメリット

  • 時間の無駄である
  • お金があると4パチに戻る
  • 遊戯時間が長くなり依存が強くなる

1パチを打つデメリットを一言で言えば「時間の無駄」ってところです。

短時間で勝負をしたい、もしくはパチプロ並みに収益を稼げている人にとって、1パチは選ぶべきでない選択となるでしょう。

また、ダラダラ遊んでいる時間が長くなると、それだけパチンコ依存症を強める可能性も考えられます。実際、私もニートやフリーターを経験しましたが、そんなときに限って1パチで暇をつぶすようになりました。

やるべきことがあるにも関わらず、1パチで遊んでいた頃を思い出すと「人生を棒に振るう」という言葉がこれ以上ないほどぴったりでした。

これは若いときだけじゃなく、これから定年後に暇つぶしでパチンコを打つときにも同じことを思うでしょう。

1パチの現状 お店は儲かるのか?

結論ですが、1パチは4パチに比べて儲かりません。なにせ1玉あたり4分の1ですから当然ですよね。

しかし、パチンコ店が1パチを導入するメリットはちゃんとあります。

お店が1パチを導入するメリット

  • 4パチより1パチが人気で集客しやすい
  • 客数を増やして利益を安定させる
  • お店に客がたくさんいるように見せられる

ちゃんとメリットがあるからホール内の1パチコーナーが拡大しているんですが、どうしても1人の客から回収できる収益が減ってしまいます。ですから、1パチはこういう考え方で利益を出しています。

1パチでお店が利益を出す方法

  • 1人あたりの利益が減ったぶん客を増やすしかない。
  • 釘をしめて回転数を減らし、条件の良い台は減らすしかない。
  • 新台を導入せず、古い台を長く使うしかない。

4パチの方がお店にとって儲かるので、1パチで利益を出すには「仕方なくやるしかない」とお店側も考えています。1パチはより企業努力が必要で、パチンコ屋も利益確保に苦労しているのがわかります。

また、1パチの扱い方はそれぞれのホールで異なります。4パチの客を増やすため、1パチは高還元で営業しているお店もあります。

1パチを打つなら、4パチと並行して営業しているお店の方がおすすめです。

これから1パチの未来はどう変わる?

4パチが減って1パチが増えている現状をふまえ、今後の未来についてお話していきます。

パチンコ業界における1パチの割合は今後も拡大していくと思われます。1パチのニーズが高まるのは理由があります。

1パチのニーズが高まる理由

  • 打ち手にとって4パチは適正レートじゃなくなっている。
  • パチンカーの平均年齢が上がり、年金生活の打ち手が増える。
  • 若年層に4パチ未経験で1パチ打つ人がいる。つまり「1パチが標準」と考える人が増加。

1パチが増えてくると、パチンコ屋の営業手法も変化するでしょう。しかし、それは必ずしもホールにとってプラスの出来事ではないと考えています。

なぜなら、1パチが増えるとお店の収益が減り、打ち手が稼げなくなるのは明白だからです。

1パチばかりのパチンコは衰退する

  • 新台入替の台数が減る。結果としてメーカーの開発費削減となり魅力的な台が減る。
  • 利益確保でクギが閉まり、お金を稼ぐ目的の客はいなくなる。
  • パチンコの遊戯化がすすみ還元率が悪くなるため、さらに客離れは起きる。

まとめ

パチンコ依存症にとって「1パチを打つべきか?」より大切なことは「そもそもパチンコを打つべきか?」ってところです。

さすがに令和のパチンコは客から搾取しすぎで、パチンコ依存症でさえ嫌気がするレベルです。もちろん、パチンコは嫌な気持ちの時がやめやすいです。

そもそも、日本の景気や所得を考えると「すでに4パチは適正レートじゃない」と思うんですよね。いまだに4パチ打っているのは独身男性が多く、家庭を持っている人がパチンコを打つのは難しくなっています。

私はパチンコ依存症を経験したので「パチンコをやめる難しさ」も理解できます。やめられないなら4パチより損失が減らせるので、遊戯として1パチに甘んじるのもアリです。だけど「絶対にレートを4パチに戻さない」マイルール作りをおすすめします。
 

  • パチンコ依存症なら4パチより1パチ打つべき。もちろん「パチンコやめる」が一番よい。
  • 1パチから4パチには戻らないマイルールを作るべき。お金があると元通りになりやすい。
  • 4パチが日本人にとって適正レートじゃなくなりつつある。
  • 1パチはお店に旨みがないけど、ニーズがあるから仕方なくやっている。
  • 「1パチを打つべきか?」「パチンコを打つべきか?」あなたの問題はどっち?
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です