文系・理系大学生がクラウドソーシングで稼ぐならコレ!【在宅ワークでお小遣い稼ぎ~独立まで】

クラウドソーシングとは、自宅でパソコンを使った在宅ワークのこと。

人と対面せずに仕事ができるので、コロナ過でお金を稼ぐにはもってこいですね。

 

もちろん、大学生でもクラウドソーシングは始められますし、色んな仕事を体験することもできます。

簡単な仕事もたくさんあり、ちょっとしたお小遣い稼ぎもできます。

色んな仕事があるので、自分のやりたい仕事を探していきます。

 

クラウドソーシングを利用する流れ

クラウドソーシングを利用する流れはこんな感じです。

  1. クラウドソーシングに登録する
  2. 最初は簡単な仕事をする
  3. 評価がつくようにしっかり仕事する
  4. 報酬をもらう
  5. 実績を積んだら高単価な仕事を選んでいく

 

最初はお小遣い稼ぎのつもりでも、クラウドソーシングをきっかけに独立してフリーランスになる人もいます。

クラウドソーシングで仕事の流れを掴んだら、仕事のランクを上げていきます。

 

おすすめのクラウドソーシング

おすすめのクラウドソーシングはこちら。

 

使うサービスを迷ったら、利用者が多くて仕事がたくさんある「クラウドワークス」を選べばOKだと思います。

それと「ココナラ」はクラウドソーシングではありませんが、似たような使い方ができて、稼ぎやすいのでおすすめです。

 

文系の大学生におすすめのクラウドソーシングの仕事

 

・ライティング(記事作成)
・翻訳(英語などの外国語)
・リサーチ・マーケティング

 

文系大学なら、文章作成や翻訳などの仕事がおすすめ。

一般的な知識を持っていれば、なんなくできる仕事がたくさんあります。

それに言葉を使った仕事をやることで、語彙力がアップします。

文系大学生なら、営業職や接客業に就く人も多いので、スキルアップにも役立つでしょう。

 

大学の講義や試験は選択問題なので、自分の言葉で文章を書く機会は多くありません。

自分の言葉で考えて文章にまとめると、文章力だけでなく会話もうまくなります。

 

それと、文章には難しい言葉を使った方がいいと思われがちですが、それは違います。

それよりも「相手へどう伝わるか?」の方が大切です。

あえてわかりやすい表現や簡単な言葉にすることで、読みごこちの良い文章を書くことができます。

 

理系大学生におすすめのクラウドソーシングの仕事

 

・ウェブデザイン
・プログラミング
・アプリケーションの作成

 

理系大学生なら、ホームページを作るなど、サイト設計にかかわる仕事がおすすめです。

特にプログラミングの仕事は、稼ぎながらスキルアップできます。

 

プログラミングは「一人でも稼げる人」になりたいなら、知っておいた方が良いですよ。

「ブログで稼ぐ」とか「ホームページ作成で稼ぐ」など、ネットで稼ぐときに役立つこと間違いなしです。

 

就職だけでなく、仕事を個人で受注して独立したり、アフィリエイトで副収入を作ったりするにも役立ちます。