同じ給料でも「お金が貯まる人とお金がない人」の違いは習慣と考え方による

「全然お金が貯まらない!」と感じているなら、最初に見直すべきは自分自身の考え方です。お金が貯まる人と貯まらない人の決定的な違いがそこにあります。

例えば、このような考え方に当てはまるなら、お金が貯まることは「絶対に」ありません。

  • 社会人をスタートしてすぐだから貯金がなくて当然
  • 独り身だしそんなにお金に困らないだろう
  • 趣味にお金を使うことはやめられない
  • お金を使うことで社会勉強をしている
  • 友達や先輩の誘いを断れないから交際費は仕方ない出費

お金は「貯める意思」がなければ貯まらないもの。「お金がなくなるのは仕方ない」という考え方ではいけません。人に流されて「お金の操り人形」になるのではなく「自ら律して管理する」という立場でお金と向き合うべき。

お金を貯める習慣

お金が貯まらない人がお金が逃げる習慣が身についているように、お金持ちはお金を貯める習慣が身についています。同じ給料の2人でも、考え方はそれぞれ違います。

1人は「給料が安いから貯蓄に回せない」と考え、普段から「給料が安い」などネガティブな言葉を発しています。もちろん、お金がたまらない典型的なタイプです。「給料が安いから手元にお金が残らなくても仕方ない」と言い訳をすると、持っているお金を余すことなく浪費してしまうんです。

もう1人は「給料はできるだけ貯蓄する」と考えています。貯蓄することが目的なので、給料日だからと欲しいものを買ったり、贅沢をすることもありません。そして、貯蓄ができるタイプは「給料が安い」などと愚痴をこぼさない人が多いです。遊びや趣味も無駄な出費を抑えて、お金のかからない楽しみを持っています。

お金を貯めるための基本的な考え方

「貯金をしよう」と考えるとき、どちらが正解なのでしょう?

  1. 給料で1か月生活して、余ったお金を貯金する
  2. 給料が出たときに一定の金額を貯金して、余ったお金で生活する。

お金が貯まらない人に、ありがちなのは①の考え方。お金を貯めたいなら②のように、先に貯金をして残ったお金を生活費にしてください。

この2つは、似ているようで決定的に違うところがあります。それは貯蓄する金額を決めていること。

お金は意図的に貯めない限り、勝手に貯まるものではありません。人間の欲求なんて底なしですから、お金はあればあるほど、欲しいものに使ってしまいます。

お金を貯めるには、給料日の行動が大切ってことですね。

定期貯金のメリットはある?

私は定期貯金をしていますが、利息は雀の涙って感じです。

月に3万円の定期貯金を1年間(年間36万円)続けたんですが、利息はたったの15円。

 

もはや、増やす目的で定期貯金している人なんていないでしょうね・・・。

「じゃあ、定期貯金をやる意味ない?」かというと、そうではありません。

 

定期貯金は、自分をコントロールするメリットがあります。

 

定期貯金のメリット

・窓口でしか解約(出金)手続きができない。

・給料日に自動引落の設定ができる。

・計画的にお金を貯められる。

 

利息以外にも、「お金を貯める」という点では、定期貯金はけっこうメリットがあります。

お金が貯められない人は、少し工夫して計画的にお金を貯める習慣を身に付けましょう。

 

お金を稼ぐ力をつける

お金を貯めることも大切ですが、根本的に豊かになるためには、お金を稼ぐことが欠かせません。

どんなに節約しても、入ってくるお金が増えない限り、豊かになることはできません。

 

逆に言えば、お金を稼ぐ力が身につけば、その後の人生はこれまでと比較にならないほど好転するでしょう。

お金を稼ぐために、大切な考え方は「お金を稼ぐ人に見合った自分になる」ことです。

 

社会人が自分のために勉強している時間は、平均して1日10分以下です。

つまり、ほとんどの人が現状に満足しており、人生を好転したり、給料以上のお金を稼ぐなどと、考えることすらありません。

 

だから逆に言えば「努力をしたものはチャンスがつかめる」ということ。

お金を稼いで、人生を好転させる努力をしてみることをおすすめします。

 

稼ぐ力をつけるには?

稼ぐ力をつける方法として、私のおすすめはアフィリエイトです。

アフィリエイトは「成果報酬型広告」のことで、ブログなどで商品を紹介して、そこから購入されたら報酬が発生する仕組みとなっています。

奥が深くて難しい反面、成果が出ると収入が持続しやすく、もっとも努力が成果に結びつきやすいです。

 

また、書くジャンルは問わないので、自分が着実にスキルアップできます。

例えば、自分が詳しいジャンルだったり、これから仕事でスキルアップさせたいこと、資格についても書くことができます。

 

また、ブログなど自分が作ったコンテンツは、削除されない限り半永久的に残るので、一生涯にわたり自分の資産となります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です