電子マネーの使い方とお得なチャージ方法【種類や選び方まとめ】

今すぐお金が欲しい理由は人それぞれです。

欲しいものがある

生活費が足りない

光熱費の支払いをしたい

旅行に行きたい

 

「お金があればなぁ」って思ったとき、現金以外にもお金になるものがありますよね。

こんなとき、電子マネーもお金みたいに使えます。

  • コンビニで買い物する
  • 外食代を支払う
  • 自動販売機で決済する
  • ネットショップで買い物する

リアルからネットまで、ほとんどの場所で電子マネーが使えるようになりました。

最近は便利で、nanacoみたいに「税金の支払いができる電子マネー」もあるんです。

 

電子マネーの使い方やお得なチャージ方法

電子マネーは「チャージ」して使うのが基本。こんな流れで使っています。

  1. 電子マネーに1000円チャージする
  2. 電子マネーの残高が1000円になる
  3. 1000円分の電子マネーでお買い物

レジや専用の機械で、現金をチャージしている人が多いでしょう。だけど、現金をチャージしなくても電子マネーを貯められる方法があります。

 

現金以外で電子マネーにチャージする方法

現金以外のチャージ方法には、こういった種類があります。

  • クレジットカード
  • ケータイまとめて支払い
  • ポイントサイトのポイント
ポイントサイト
この中で、お金を使わずに電子マネーにチャージできるのがポイントサイト。いろんな使い方でポイントを貯められるので、電子マネーを稼ぐために使っている人もいます。最近では「ポイ活」などお得な使い方が広まり、電子マネーが普及した流れで使いはじめた人も多いです。

お得に交換できるポイントサイト

ポイントサイトの交換手数料

電子マネーポイントタウンモッピーポイントインカム
楽天edy0円52円50円
nanaco0円0円50円
WAON0円0円50円
webmoney0円0円0円
ID交換不能交換不能交換不能
Tポイント0円0円50円
LINEポイント0円10%交換不能

ポイントタウンなら、交換手数料がかかりません。最低交換ポイントも低いので、手軽に貯めやすいポイントサイトを選ぶならおすすめ。

 

電子マネーの種類と選び方

電子マネーの特徴を個別にまとめます。

楽天edy

楽天edyを使うメリット

  • 200円使うごとに楽天ポイント1Pがもらえる
楽天edyの種類

 

・楽天ポイントカード

楽天市場で324円(税込)で作成できます。

楽天edyだけでなく、楽天ポイントも利用できます。

 

楽天カード(クレジットカード一体型)

クレジットカード機能を併せ持ち、楽天ポイントが貯まりやすいのが特徴です。

 

おサイフケータイ

携帯電話におサイフケータイの機能があれば利用できます。
楽天edyのアプリをダウンロードして、チャージ先(クレジットカード・携帯まとめて支払いなど)を設定すれば使えます。

 

楽天edyのチャージ方法

・現金

・クレジットカード

・ケータイまとめて支払い

・楽天ポイント

・ポイントサイト

 

楽天edyの名前の由来

楽天edyは、お財布ケータイとして爆発的に普及した電子マネー。

「円・ドル・ユーロに次ぐ通貨になって欲しい」

そんな長いから、頭文字をとって「edy」と名前がつけられたそうです。

 

nanaco

 

nanacoを使うメリット

  • 200円使うごとにnanacoポイント1Pがもらえる
nanacoの種類

 

・nanacoカード

セブンイレブン・イトーヨーカドーで300円(税込)で作れます。

 

・シニアナナコカード

65歳以上になれば発行できるnanacoカードで、発行手数料無料です。

毎月15日と25日は、イトーヨーカドーでの買い物が5%OFFになる特典付き。

 

nanacoのチャージ方法

・現金

・クレジットカード

・ポイントサイト

 

nanacoだけの特徴

nanacoのすごいところは、税金の支払いができること。

これにより、現金の持ち合わせがなくても、クレジットカードでチャージして支払うことができます。

 

WAON

WAONを使うメリット

  • 200円使うごとにWAONポイント1Pがもらえる
WAONの種類

 

・WAONカード

イオン加盟店などで、発行手数料300円(税込)で作成できます。

 

・クレジットカード一体型WAON

「イオンカード」など、WAON機能付きの一体型のクレジットカードがあります。

 

WAONのチャージ方法

・現金

・イオン銀行口座

・クレジットカード

・ポイントサイト

 

WAONの特徴

イオングループで使える電子マネーと言えばWAON。マックスバリューやイオンでお買い物するとき、あると得する電子マネーです。

最近は、歩くごとにWAONポイントが貯まるアプリも使えます。健康を維持しつつ、節約に使えるって新しいですね。

参考 WAONに交換できるポイントサイト一覧【お得な使い方も紹介】ポイントサイト大百科

iD

 

iDの種類

 

・おサイフケータイ

・クレジットカード一体型iD

・プリペイドカード型iD

・デビットカード型iD

 

iDのチャージ方法

iDの中で「プリペイド型」が、チャージして使う電子マネーです。

主にクレジットカードからのチャージで利用します。

 

iDの特徴

iDはNTTドコモが三井住友カードと提携している電子マネー。

加盟店が日本で一番多く、あらゆるお店で支払い可能な万能型です。

ですから、おサイフケータイは、iDの代名詞と言っても過言ではありません。

 

Tポイント

 

Tポイントの種類

 

・Tカード

・クレジットカード一体型Tカード

 

Tポイントのお得な使い方

ドラッグストア「ウェルシア」で毎月20日に、Tポイントで1.5倍の買い物ができます。

つまり、1000Pで1500円分の買い物ができるので、かなりお得です。

これはウェル活と呼ばれ、ポイントサイトでTポイントを貯める人が急増しました。

参考 ウェル活のやり方と注意点まとめ(Tポイントの貯め方も紹介)ポイントサイト大百科

 

Tポイントを即日交換できるポイントサイト

ポイントサイトからTポイントへ交換すると、だいたい1週間~2週間くらいかかります。だけど「モッピー」はリアルタイム交換ができます。

また、モッピー以外のポイントサイトも【ポイントサイト➡PeX➡Tポイント】の手順で交換すればその日のうちにもらえます。PeXは、ウェル活をすぐに始めたい時にも便利です。

PeXへ即時交換可のポイントサイト

参考 ポイントサイトの交換で利用する「Pex」の使い方や交換先まとめポイントサイト大百科

LINEポイント

LINEポイントも、使い方が多用な電子マネーとして注目されています。

以前は「スタンプを買うポイント」という認識が強かったのですが、現在は【1P=1円】の価値を有する電子マネーとなっています。

nanacoやアマゾンギフト券にも交換できます。

また「LINE Pay」を使えば、現金へ交換することも可能です。

LINEポイントに直接等価交換できるポイントサイトは、Gポイントとポイントタウンの2つだけです。

(他のポイントサイトも特殊ルートで交換可能)

▼ポイントタウン▼

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

実はLINEポイントは、ANAマイレージを貯めている人に嬉しいポイント。

詳しくは「ANAマイルを貯める方法」で解説しています。

電子マネーの利用方法を知ることで、「お金がない」からって焦らずに済むようになるわ。
「あっ!電子マネーがあるから大丈夫」みたいにね(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です