定年後の再就職におすすめの仕事は?収入はいくらになる?

定年退職しても、仕事を続ける人が増えています。

時代はこんな感じ、だから当然の流れかもしれません。

・年金の受給年齢が遅くなった。

・年金の受給金額が下がった。

・「働き方改革」で国が定年後も仕事をすることをすすめる。

 

実際、定年を迎えてもお金が必要な理由は色々あります。

少子高齢化が進んだ結果、なんだか不安が多い時代です。

 

・子どもの学費が足りない。

・貯金を切り崩す生活はいやだ。

・親の介護や病院通いでお金がかかる。

 

定年でリタイアできる人はごく一部かもしれません。

だけど、家族のためにやることに泣き言は言っていられない・・・。

まだまだ頑張る方々のために、定年したあともお仕事を頑張りましょう!

 

定年後再就職に人気の仕事

 定年後にピッタリの仕事があるわ

◆警備員

・時給900円~1100円

・年収目安200万円

警備員の仕事は、定年後に適した仕事だと言えます。

もちろん、小さな文字読んだりパソコンを使う必要はありません。

シフトの自由度も高いので、自分で仕事をする日を選ぶことができます。

警備員が配置される現場は固定の時もあれば、前日に現場が決まることもあります。

そんな時は入りたい日に仕事をすればよいので、時間的な融通も効きます。

また、急用で現場に入れない時も、替わりの人がみつかりやすいのも良いところです。

ただ、現場は外のことが多いため、天候的な厳しさだけは我慢して仕事をすることになるでしょう。

また、給料は日払い対応可能なところも人気の理由です。

警備員は人気の仕事だけど給料が少ないって声もあるみたい

◆タクシードライバー

・月給20万円~40万円

・年収目安300~500万円

定年後に人気の仕事と言えば、タクシードライバーです。

タクシードライバーなら、車の運転が得意ならなりたくなるでしょう。

特に働く地域の地理に詳しければ、仕事を覚えるために苦労する事はないでしょう。

もしわからない時でも、道を聞けば乗った人が案内をしてくれるので心配ありません。

しかも定年後の仕事の中では、給料が高いところもタクシードライバーの仕事の魅力です。

また、タクシー会社次第では給料を日払いや週払いで対応してくれる会社もあるため、すぐにお金が必要な場合も相談できるところが良いですね。

定年前に第二の人生をタクシードライバーとして歩むために、あらかじめ免許を取っておく人もいるようです。

タクシードライバーに必要な免許は「二種免許」です。車の免許を取得してから3年を経過していれば、誰にでも取得することができます。

二種免許の取得にかかる費用は20万円程度で、合宿などを利用すれば10日程度で取得できます。

定年後タクシードライバーとして働くために、退職金で二種免許を取る人もいるそうよ。
その人のやる気次第ってことね。

 

定年後に人気の仕事一覧

<パート・アルバイト>
・清掃員(温泉・ショッピングモールなど)
・庭師
・工場
・本屋や図書館

<独立開業>
・飲食店
・セレクトショップ(店舗)
・ネットショップ(自宅)

定年してもまだまだ人生はこれから!
定年したら終活なんて言わせないわよ。

 

仕事はしなくていいけどすぐにお金が欲しい人は?

「定年退職して年金は入ってくる、だけどお金があと少し欲しい。」って人もいるかもしれません。

退職金や年金で働かなくても生活はできるけど、お金をあと少し節約したい人はポイントサイトを利用しましょう。ポイントサイトとはネットショップや様々なサービスの登録でお金を節約するために使えるサイトです。

ネットショップの利用が多い若い世代は、かなりの割合でポイントサイトを利用しています。無料登録で使えるので、存在を知らない人は、利用することをおすすめします。

当サイトでもおすすめのポイントサイトをランキングにしていますので、参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です