定年後でもすぐにお金を稼げる仕事とは?

定年退職したけど、生活のためにまだ仕事をしたい人も多いでしょう。

なぜなら、退職金は減少傾向にある上に、年金の支給年齢も高くなっているからです。

せっかく仕事を頑張ってきたのに、また仕事を探さなければと思う人もいるでしょう。

だけど、せっかくなら定年後らしい仕事をやりたいですよね?

定年後に仕事を探すポイントは3つあります。

定年後に仕事を探す3つのポイント

 

定年後の仕事は、新卒や中途採用で仕事を探すのとはわけが違います。

「バリバリこれから頑張って働こう!」というよりも、

空いた時間に生活の支えになる程度の仕事として考えましょう。

借金や生活苦などの事情がある人でなければ、セカンドライフの一部としてのワークスタイルを確立させましょう。

◆あまり身体に負担をかけない

60歳になる前に定年する方がほとんどでしょう。

年齢的にはもはや高齢にあたりますので、心身に負担をかける仕事は避けた方が良いでしょう。

現役サラリーマン時代のようにバリバリ仕事したいつもりでも、段々体力的に辛くなるかもしれません。

 

◆小さな文字やパソコンを見て目に負担をかけない

老眼で近くの文字を読むのがつらいのも悩みです。

長時間のパソコン作業などは定年後の仕事としては適しません。

できるだけ目を酷使する仕事は避けましょう。

 

◆はたらく日や時間に融通が利く

毎日忙しく働かなければいけない仕事は定年後の仕事に向いていません。

定年後は、孫ができたり家族の家事のサポートをする時間も必要です。

また、せっかく慌ただしい仕事をやめたので、趣味の時間も作りたいところでしょう。

定年後に人気の仕事

 

◆警備員

警備員の仕事は、定年後に適した仕事だと言えます。

もちろん、小さな文字読んだりパソコンを使う必要はありません。

シフトの自由度も高いので、自分で仕事をする日を選ぶことができます。

警備員が配置される現場は固定の時もあれば、前日に現場が決まることもあります。

そんな時は入りたい日に仕事をすればよいので、時間的な融通も効きます。

また、急用で現場に入れない時も、替わりの人がみつかりやすいのも良いところです。

ただ、現場は外のことが多いため、天候的な厳しさだけは我慢して仕事をすることになるでしょう。

また、給料は日払い対応可能なところも人気の理由です。

高日給・日払いの警備求人ケイサーチ!

 

◆タクシードライバー

定年後に人気の仕事と言えば、タクシードライバーです。

タクシードライバーなら、車の運転が得意ならなりたくなるでしょう。

特に働く地域の地理に詳しければ、仕事を覚えるために苦労する事はないでしょう。

もしわからない時でも、道を聞けば乗った人が案内をしてくれるので心配ありません。

しかも定年後の死後の中では、給料が高いところもタクシードライバーの仕事の魅力です。

定年前に第二の人生をタクシードライバーとして歩むために、あらかじめ免許を取っておく人もいるようです。


転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円
タクシー無料転職支援サービス【タクQ】

モッピー!お金がたまるポイントサイト